府中駅から徒歩5分。膝痛ぎっくり腰など急性の痛みなどでお悩みの方は当院にお任せください。

うんち 大便②(便秘・下痢)

一言で便秘といっても

様々な便秘があります。

のどがよく渇くタイプや

便意はあるけれど出ない

もしくは 、

軟らかい便が少ししか出ないタイプ、

小さく硬い兎の糞の様な便のタイプ、

手足が冷えていて

夜中に小便でよく起きるタイプ

などがあります。



下痢も同様に軽い腹痛のもので、

お腹を押すと痛みが軽減する

もしくは気持ちが良いと感じるタイプ、

腹痛があってお腹を押すと痛みが増す

もしくは嫌な感じがするタイプ、

水様便で臭いがないタイプ、

黄褐色で臭いのある水様便のタイプ

など様々あり治療法もそれぞれ異なります。

そのため、本やネットによく書かれている

便秘に効くツボ、

下痢に効くツボを刺激しても効果がない

ということが起こります。

原因と治療法が合っていなければ

そうなりますよね。

便がそうなる理由がそれぞれあり、

食生活や生活習慣と

密接に関係しているんです。

 


例えば、便秘でのどが渇く人は

食べ過ぎていたり

好んで辛い物をよく食べる人だったり。

こういう場合は

口臭を伴うことが多々あります。

東洋医学では

胃熱(胃がオーバーヒートした状態)による便秘

と考えます。

便が便器にこびりつく人は、

お酒や油っこいもの

肉食だったり

辛いものの食べ過ぎなどによって

便がベトベトしたものになります。

 

東洋医学では

飲食によって湿熱

(気・血・水の水が

熱を持ちドロドロ状になり、

巡りが悪くなる)の影響を受けていると考えます。

こんなにも違う便なので

便秘や下痢がどのタイプかによって

鍼を刺したり

刺激を与えるツボは異なるんです。

 

便の状態を確認するだけで、

自分の食生活を振り返りつつ

健康状態がわかるので、

手技庵では

便の毎回の状態チェック

をおすすめしています。

 

~嫁〜

一覧