府中駅から徒歩5分。膝痛ぎっくり腰など急性の痛みなどでお悩みの方は当院にお任せください。

グロウペイン(鼠径部痛症候群)と恥骨

私は幼少時からサッカーをしていましたが

グロウペイン症候群でした。

 

グロウペイン症候群はサッカー選手に多く、

下腹部、鼠径部、内転筋、坐骨、睾丸後部、

股関節などに痛みが出ます。


この疾患は慢性化しやすく、一度痛みが消えても

何かの拍子に再びぶり返してしまう厄介なものです。

 


鼠径部周辺をリリースしたり鍼をすることで、

痛みを緩和します。


この疾患で一番見落としてはいけないのが

恥骨です。

恥骨が変異(ズレ)していると、

鼠径部が張り、筋肉に痛みが出やすくなります。


そのため、手技庵では恥骨の調整も含めて施術しています。

一覧