府中駅から徒歩5分。膝痛ぎっくり腰など急性の痛みなどでお悩みの方は当院にお任せください。

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症とは、
脊柱管が腰の部分で狭くなって
その中を通る神経を圧迫する病気です。

圧迫された神経は
血液と酸素が栄養されにくくなるため、
しびれや筋肉低下、異常感覚、
歩行困難、排尿困難、
間欠性跛行などが引き起こされます。

 
なぜしびれが足先や手の先から起こるのか?

神経は血液と酸素で栄養されているので、
圧迫されると血液と酸素が行き渡らせなくなりしびれの原因となります。

心臓から離れた足先は
ただでさえ血液が届きにくい場所なので
圧迫されるとより一層栄養が届きにくくなるのです。

 
腰椎狭窄症を改善するには
手技庵では狭窄していても骨の周りにある筋肉や腱、筋膜、皮膚などに
アプローチしていきます。

骨にいくらアプローチをしたもその周りにある組織の柔軟性が欠如していると、骨の弾力は一向に変化しないのです。

周りの組織に柔軟性が出てくると
骨の柔軟性も増し、
痛みやしびれが軽快します。
一覧