府中駅から徒歩5分。膝痛ぎっくり腰など急性の痛みなどでお悩みの方は当院にお任せください。

坐骨神経痛

坐骨神経痛の施術について

坐骨神経痛

坐骨神経痛とは臀部(おしり)から大腿部背面、両下腿外側にかけてのしびれや放散痛のことをいいます。
長時間立っていると痛みやしびれが出たり、立ち上がると足先にしびれや力が入らないなどお尻から足先まで広範囲に症状が出現します。

坐骨神経痛の原因には
・骨盤(仙腸関節)の変位
・股関節が正しい位置にない
・臀部の梨状筋が硬結して神経が圧迫される
・腰椎分離症、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症などによる神経圧迫
・膝関節や足関節の状態悪化
などいろいろあります。

手技庵ではマニュアル通りではなく、原因に合わせて施術を行います。
梨状筋の凝りには鍼灸や整体といった手技で調整を行います。
骨盤(仙腸関節)や背骨・頭蓋骨などのバランスが崩れている場合は矯正し調整します。
意外にも暴飲暴食による内臓機能低下は坐骨神経痛になることが多く見受けられ、そういった場合には内臓の調整を鍼灸や整体といった手技、気功で行います。
筋肉と骨格だけでなく必要に応じて内臓の調整を行い、多方面から坐骨神経痛にアプローチします。